feed Subscribe to feed
pic
15. 06
2017

スマホの充電で新しいものが!

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ちょっと面白いスマホ充電器を発見しましたよ。
これはちょっと欲しいなって思ってしまうぐらいの商品です。
今開発されているといった段階みたいなので、これから発売されれば売れるのは間違いないような気がします。
それは「充電ロボット」なのですが、なんとロボットが簡単にスマホ充電をしてくれるようになるのです。
お掃除ロボットがあると思うのですが、それほ充電器バージョンといった所でしょうか。
スマホ自動で探知して、充電をしてくれるようになるのです。
でもこれからの時代は充電までロボットに任せるようになるのかなと思ったらすごいんと思いますね。
スマホ充電もこれからは自分でやらなくても良い時代になってくるんだなと実感しました。
スマホ充電をロボットにしてもらえるようになルなんて考えてもみませんでした。
販売されるようになれれば、こういったロボットを家庭で見られるような事もあるのかなと感じました。
今までであれば、充電を忘れてしまって充電がなくなったなんて事だってあったと思います。
でも、この充電器があればこれからそんな心配だってなくなりそうです。
充電がない場合はロボットがやってくれるのでお任せで大丈夫ですね。

30. 05
2017

スマホ音楽で睡眠不足解消を

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

スマホで音楽を聴く人もかなり多くなっていると思います。
そんなスマホ音楽なのですが、アプリでも良さそうなものを発見しました。
これはあまり寝付けないなんて方に必見かもしれません。
それは、良い眠りを導いてくれるアプリというものなのです。
このアプリは色々な種類がある事にびっくりしてしまいました。
そんな寝付けない人に良いアプリがいくつかあるので紹介をします。
まず、「脳波サウンド」というものなのですが、こちらはその人に合った音楽を教えてくれるものとなっています。
その音楽を聴くことでリラックス効果をもたらし、良い睡眠を導いてくれるというものなのです。
後、ひつじを数えるゲームです。
このアプリも面白いのですが、画面に羊が柵を飛んでいるような状態になっているのです。
またこの映像に加えてBGMが流れるのでそれに合わせて羊を数えているとそのまま寝てしまうという状態になるようですよ。
やっぱり音楽というのは人の心を癒す力が大きいんだと実感しましたね。
このアプリをちょっと使ってみたいとすごく思いました!
もしも、あまり寝れていないという方はこういうアプリを色々と探してみるのもいい方法かもしれません。

25. 05
2017

最新スマートフォン「Android One」とは?

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

最新スマートフォンで注目されている一つに「Android One」というスマートフォンがあります。
この最新スマートフォンは高さ1.22メートルからの落下試験をクリアしていますし、強化ガラスと堅牢な構造になっていますので、安心して使用することができます。
それに、水に濡れても使用できる防水機能やチリやホコリを気にせずに使える防塵機能も付いています。
だから、雨の日に外出しても安心ですし、水回りやお風呂などでタッチパネルに水滴がついても使用できるから便利で良いですね。
便利な機能として赤外線通信や歩数計、様々なグーグルアプリがありますので様々なシーンで活躍してくれると思います。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラを搭載していますし、2,300mAhの大容量バッテリーも搭載していますので、電池切れの心配ナシで撮影して楽しむこともできますね。
ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さは約142gになっていますので、気軽に持ち運ぶことができるでしょう。
カラーバリエーションはホワイト、レッド、ネイビーの3色が用意されています。
このような最新スマートフォンはいつでもどこでも役に立つと思いますので使用するのも良いと思います。

20. 05
2017

ディスク型JotスタイラスペンについてのQ&A

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

Q. 透明ディスクが壊れたらどうしたらいい?
A. 先端の透明ディスクは硬いプラスチック製で、通常の使用で壊れることはありません。しかしディスクを紛失したり、変形してしまったりすることはあります。
そんな時は交換用のディスクパーツを購入すれば、最低限のコストで長く使い続けることができます。
Q. ペン先と描画ポイントはズレるけど?
A. 手書きメモアプリなどで使用していれば、ペン先と描画位置がわずかにずれる(1ミリ程度)ことに気づくはずです。これは太い指でも正確にタッチ操作しやすくするためです。iPadでは画面の端のほうでは、タッチしたところから少しズレるように、意図的に調整されています。
画面の中央付近で使用するようにすれば、ズレはほとんど気にならないでしょう。
Paper by FiftyThreeのようなアプリでは、ズレが修正されているため、より描きやすくなります。
Q. スタイラスペンで画面に傷がつくの?
A. 透明ディスクはiPadの画面を傷つけるほどの硬さは無いので、安心して使用できます。
しかし、iPadは画面を上向きに置くことが多く、ホコリやゴミが画面に残りやすいはずです。硬質なゴミがついたまま使えば、透明ディスクでゴミを引きずってしまい、最悪の場合液晶画面に傷が入ることも考えられます。
なるべく、ゴミを払ってから使うか、保護フィルムを貼るようにしましょう。

3. 05
2017

スマホの機能もすごくなってきています!

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

スマホを使った機能でまたまた便利なものが出て来ました。
それは、太陽光発電や家電の電力をスマホでチェックをすることができるようです。
日頃、電気を使用していてどれだけ使っているのかをしっかりと見たいという方もいるでしょう。
しかし、太陽光発電や家電の電力が分かれば節約もできるようになります。
そんな時に便利になってくるのが、「クラウド連携エネルギーコントローラ」なのです。
これからクラウド連携エネルギーコントローラ」は発売となります。
「クラウド連携エネルギーコントローラ」は6月12日の発売予定で10万3600円となっているようです。
ちょっと価格は高いかなと思う所もあるのですが、「クラウド連携エネルギーコントローラ」を使っていけばこれからはしっかりと電力を見ることができます。
そうする事で節約を気にする事も考えれるようになります。
そういう点を考えると、この価格でも全然利用しても元を取れるぐらいだと思います。
知らない所で結構な電力を使用しているような恐れもありますからそういうきっかけにいいかもしれませんね。
お出かけをした後でもエアコンなどの消し忘れなどもしっかりとチェックができるようになっています。

20. 04
2017

こんなのが無いと誰も見てくれない

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ニコニコ超会議に民進党がゲームを出展するんだそうですね。。自民党とか共産党^^とかもこんなのやってるんでしょうか。。

その民進党ですが、ゲームの名前が「VR蓮舫」と言うんだとか。何なんでしょうね。このようなネーミングじゃないと、誰も振り向いてくれないからなのでしょうか^^内容としては、「参加者が専用のゴーグルをつけて、首相の立場で蓮舫氏の追及を疑似体験するという趣向だ。」とのこと。蓮舫さんの「二位じゃダメなんでしょうか?」。この言葉、そしてその数年後に二位ではやはりダメなんだと分かったあとの表情。忘れられませんよね。それを知っている大人が、面白がって作ったんでしょうね~。

ちなみに、民進党のLINEアカウントでもこのことは告知されているそうで、3月27日には一時トレンドにも入ったそうですよ^^ここが、民進党の本来の狙いなのかもしれませんね。ゲームの内容うんぬんよりも、民進党に興味を持ってもらい、できれば党員をもっと増やしたい。。政党も今は大変ですね。

16. 04
2017

バッファロー、4K動画モードを備えた11ac無線LANルーター、干渉しやすい電波を自動で回避する機能も

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

バッファロー株式会社は3月8日、IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WXR-1900DHP3」を3月下旬に発売すると発表しました。価格は1万8700円(税別)です。3本の可動式アンテナ(3×3)を備えており、設置する環境に合わせて角度を変えることが可能となっています。電子レンジなどのノイズを自動で検知して回避する「干渉波自動回避機能」を備え、電波の混雑状況を確認し、スマートフォンやタブレットなどのWi-Fi機器を空いている帯域へ自動的に誘導する「バンドステアリング」機能も搭載します。通常のビームフォーミング機能に加え、iPhone 5s/iPadといったビームフォーミング非対応の機器でも同様の機能が利用できる「ビームフォーミングEX」も備えます。1GHzのデュアルコアCPUに加え、5GHz帯用/2.4GHz帯用の補助チップをそれぞれ搭載することで、2種類の電波の高速処理を実現。デジタル変調方式「256QAM」のデュアルバンドに対応していて、5GHz帯で1300Mbps(11ac使用時)、2.4GHz帯で最大600Mbps(11n使用時)の通信を可能としているのです。そのほか、4K動画配信の帯域を優先して再生する「アドバンスドQoS 4Kモード」を搭載し、NTTぷららの「ひかりTV 4K」やYouTube、Netflixの4K動画を快適に再生できるということです。また、ハイレゾ対応のUSB-DACを接続して192kHz/24bitのハイレゾ音源をワイヤレスで再生することも可能です。

5. 04
2017

画面割れ対策を打ち出したスーパーミドルレンジ級の富士通製ビジネスモデル

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

NTTドコモが発表した新機種の中でも隠れた注目機と呼べそうな存在が、富士通コネクテッドテクノロジーズの『ARROWS NX F-01J』です。ディスプレイには5.5インチのフルHD液晶を、SoCにはクアルコムのSnapdragon 625(2GHz×8コア)を搭載する、いわゆる「スーパーミドルレンジ」に属するモデルです。本体カラーはカッパーとホワイト、ブラックの3色展開。このクラスのモデルはASUSのZenFone 3など海外メーカーのSIMフリー機では多く見られましたが、日本の大手キャリアモデルではまだ珍しい仕様となっています。さらにキャッチコピーの一つとして「画面割れに強い、進化したARROWS」と、昨今の富士通製スマートフォンでイチオシとなる耐久性を前面に推し出しています。特徴は、落下などに対する耐久性を高めた堅牢構造です。『SOLID SHIELD』(ソリッド・シールド)と名付けられた本機の構造は、主に内部の側壁と背面部ホルダーの剛性向上を中心としたものです。具体的には、端末内部の両方向側壁にステンレスフレームを追加し、曲げへの耐性を向上した点と、内部のステンレスホルダーの厚みを増やし、全体の剛性を高めた点を特徴とします。さらに、ディスプレイを保護するためにフレームのエッジを立てる(ディスプレイ面より厚くする)構造や、衝撃を分散させるべくベゼルをラウンド形状にするなど、従来モデルで採用された耐衝撃性を高める工夫も継承していて、さらに両サイドとトップのフレーム素材は7000番台のアルミニウム合金を採用します。

31. 03
2017

防水&おサイフ対応の「SH-M04」

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

AQUOSの防水&おサイフ対応の「SH-M04」。最近は携帯電話会社にMVNOを選ぶ人も増加し、さまざまなメーカーからSIMロックフリースマホが登場している中、シャープ製の「AQUOS SH-M04/SH-M04-A(以下、SH-M04)」は、SIMロックフリースマホでは数少ない日本メーカー製端末です。明るく見やすく、しかも省電力なIGZO液晶ディスプレイを搭載し、防水やおサイフケータイにも対応する、安心して使えるスマホです。長年、日本でケータイとスマートフォンを開発してきたシャープは、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの主要キャリアに加え、サブブランドのY!mobileとUQ mobileも含め、大手キャリア全てに端末を納入しているメーカーです。そのため、日本の消費者のニーズをしっかりと把握しています。その上で、ディスプレイのきれいさ、バッテリーの持ち、操作性などを常にブラッシュアップさせてきました。SH-M04は、こうした高品質なスマホの開発に定評があるシャープが手掛けた、安心して使えるSIMロックフリースマホなのです。日本のキャリアに納入したことがない海外メーカー製端末の場合、日本のケータイで慣れ親しんだ機能が省かれていることが多いわけですが、シャープのスマホは、細かい部分まで配慮した機能が充実しているのです。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)に対応しており、ディスプレイに水滴がついていても、誤動作なく操作できます。また最近、再び注目度が上がっているおサイフケータイにも、もちろん対応しています。
 

15. 03
2017

Bamboo Slate Smallはどんなことができるのか

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ワコムのBamboo Slate SmallはBluetooth対応のiOS8以降およびAndroid 4.3以降のスマホやタブレットに対応しています。各対応機種に「Wacom Inkspace」アプリをインストールすることで、連携処理を実現できます。iOS版とAndroid版を「iPhone 7 Plus」と「HUAWEI mate9」のそれぞれに導入して実際に両方で使用してみました。「手書きデータは、連携するスマホやタブレットに記録することに加えて、最近の手書きデバイスでは標準的になっているクラウド連携も標準的にサポートされています。一般的なクラウドサービスである「Dropbox」や「Evernote」に加えてワコムの無料クラウドサービスである「Inkspace BASIC」(ストレージ容量:5GB)を無料で利用できるようになっています。また上位の有料クラウドサービスであるInkspace Plus(ストレージ容量:50GB)を契約すれば、Inkspaceの基本サービスに加え、手書きの文字をリッチテキストに変換するサービスやベクター形式(SVG)でのエクスポート機能を活用できるのです(Bamboo Slate Small購入者は3ヵ月間無料)。実際の筆記感覚は、従来の手書きデバイスの先人であるCrossやAnoto系のペンと比較して、軸径が実測10.77mmとスリムに成長したBamboo Slate Smallのペンゆえ、普通のボールペンとなんら変わらないナチュラルな感覚で極めて扱いやすいものとなっています。
http://www.samsung.com/jp

Search this blog

Tag cloud