It's IT http://www.tcsturner.com Tue, 12 Jun 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 tcsturner.com リモートアクセスを使う前にセキュリティ確保を http://www.tcsturner.com/2018/06/13/news-20180613/ http://www.tcsturner.com/2018/06/13/news-20180613/#comments Tue, 12 Jun 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/06/13/news-20180613/ 便利でいて簡単に操作できるリモートデスクとはいえ、デフォルトはリモート接続は無効になっています。
有効にする前には、ちゃんとしっかりセキュリティ確保する必要があります。
その上で、簡単にできるセキュリティの設定も行っています。
○IP接続制限
リモートデスクトップをアクセスしてくる相手のIPアドレスを登録しておき、許可したIPアドレスからだけ、リモート接続を許可するという方法です。
この方法は人気があり、かつ確実です。
ただし、このように指定されている方法であるため、IPアドレスは固定IPで持っている必要があります。
コストをかけるという要求も高く、結局高額な支払いにもなりかねません。
スマホでテザリングしたものでリモート接続となってくると、なかなか厳しくなってしまうでしょう。
もちろん、IPブロック単位での許可は可能ですが、IPブロック単位での許可はもちろん、それだけ穴があいてしまうことにもなります。
家やオフィスなど、2つの営業所やスマホのテザリングを含めると、結局いくつも設定しなければなりません。
なかなか容易にはいかないのですね。Web会議料金プラン

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/06/13/news-20180613/feed/ 0
遠隔サポートのメリットとは http://www.tcsturner.com/2018/05/14/news-20180514/ http://www.tcsturner.com/2018/05/14/news-20180514/#comments Sun, 13 May 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/05/14/news-20180514/ 遠隔サポートのメリットと言えば、使う人を選ばないということでしょう。
画面の位置や画面距離にも関わらず、簡単な操作環境を提供しています。
リモコンの設置に伴うリモコンの紛失や、乱暴な取扱いによって破損してしまうリスクもありません。
ショーウィンドウ越しに操作ができるので、パネルの盗難や破損への心配もないでしょう。
スタッフ常駐による管理負担も減ってきます。
ショーウインドウ越しの操作によって、新しいSPやPR演出も可能です。
大型パネルならではの演出効果を活かしたインタラクションも、可能です。
設備盗難の心配がない 設備負担が少なくなる 設備破損しなくなったなどもあります。
ポイントは、リモコン不要の操作環境の提供です。
パネルの大型化が進むインフォメーションボードや、高い位置にあるデジタルサイネージを展開する時には、利用者によって利便性の高いイントラクション開発が可能です。
○遠隔サポートはコストメリットが高い
大型のパネルへタッチすることや、パネルで同じような機能を持たせた場合には、費用も高くなってしまいます。
さらにNUI技術が普及するにつれて、まずはタッチパネルで「操作ボタン」が消失していき、リモコンも消していくことになります。
次世代のテレビをはじめとするAV機器やデジタルカメラ、白物家電へも、リモコンレスとしてユーザーの意図を理解しながら、
コントロール・バーや拡大・縮小を自在に操作させる技術としても利用できます。

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/05/14/news-20180514/feed/ 0
従来の問題点をクリアした遠隔サポート http://www.tcsturner.com/2018/05/07/news-20180507/ http://www.tcsturner.com/2018/05/07/news-20180507/#comments Sun, 06 May 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/05/07/news-20180507/ パソコンやスマホといったデバイスやwebサービスのユーザーへのサポートとしては、
電話によって行うのが一般的です。
しかしながら、最近ではオペレーターがリモート操作によって、必要な操作を代行する「遠隔サポート」が一般化してきています。
そこで今回は遠隔サポートについての概要や、遠隔サポート提供側とクライアント側のメリットやデメリット、さらには活用するための注意点をわかりやすくまとめています。
○遠隔サポートって何?
遠隔サポートは、オペレーターが離れたところから操作することによって、必要な操作を代行してくれるものです。
一般的にいうと、ユーザーは以下のようなステップで遠隔サポートしていきます。
ユーザーへのサポートは、従来は電話によって行われてきました。
しかしながら電話だけに頼ったサポートでは、ユーザーが取るべき行動をオペレーターが正しく伝えることが難しいという問題点もありました。
しかしながら遠隔サポートであれば、このようなもどかしい事態を回避することが可能です。電話による指示だけではなく、ユーザーが目にしているPCやスマホの画面上で指示を出す、オペレーターが直接操作をすることによって短時間で要領よく、的確なサポートを行えるからです。
このような意味においても、ユーザサポートにおいて遠隔サポートが一般化しつつあるのは自然と言えるでしょう。

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/05/07/news-20180507/feed/ 0
ドコモが2画面スマホ「M Z-01K」を発売 http://www.tcsturner.com/2018/05/01/news-20180501/ http://www.tcsturner.com/2018/05/01/news-20180501/#comments Mon, 30 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/05/01/news-20180501/ 今日は、ドコモのM Z-01Kについてのお話です。
○ドコモ「M Z-01K」がついに解禁!
NTTドコモは2月9日、2つのディスプレイを搭載する折り畳み型のAndroidスマホ「M Z-01K」をリリースしました。
2画面で別々の内容を表示し、見開きの大画面で映像を楽しむこともできます。
端末価格は、一括で9万2664円となります。
5.2インチのフルHDは、液晶ディスプレイを2つ搭載しています。
1画面の「通常モード」の他、各画面に別のWebサイトやアプリを表示する「2画面モード」、2画面を1つの大画面(約6.8インチ)として使える「大画面モード」や、両画面に同じ内容を表示させる「ミラーモード」に切り替えることができます。
プロセッサはSnapdragon 821、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBです。
外部ストレージについてはmicroSDHCカードスロットを備えていて、2930mAhバッテリーも搭載しています。
折り畳み時のサイズは約72(幅)×約151(高さ)×約12.1(厚さ)ミリです。重さは約226グラム。色はブラックのみです。

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/05/01/news-20180501/feed/ 0
本当にスマホをフル活用している人は少ない?もっと有効活用するための方法 http://www.tcsturner.com/2018/04/27/news-20180427/ http://www.tcsturner.com/2018/04/27/news-20180427/#comments Thu, 26 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/04/27/news-20180427/ もしも現在手元にあるスマホをフルで活用すれば、今よりグンと暮らしは豊かになるでしょう。
スマホを持っていても、実は一部の機能だけしか使っていないという方も案外多いはず。
多くの人がスマホを持つようになっていますが、本当にスマホの機能をフル活用している人たちは、意外と少ないです。
○パソコンよりも優れたスマホ、もっと有効活用を
総務省のリサーチによると、スマホの世帯普及率は70%で、これはPCとほぼ同じ割合です。
個人単位でみてみると、20代でしたら94%、30代は90%、40代でも80%と、普及率は高いです。
スマホには大量の保存容量、カメラに高速ネット環境など、これまでのパソコンと比べて力強い機能がたくさん搭載されてきています。
スマホはWindows95の時代のPCよりもパワフルであることはもちろん、WindowsXPよりも使える端末といっても過言ではないでしょう。
これが手のひらサイズに収まるのですから、すごいですよね!
しかし私たちは、このスマホを使いこなしているとは当然言い切れません。
眠れるスマホの力を、お金の問題改善のためにもっと利用しませんか。
例えば…
○オンラインバンキングのアプリを使う
メインバンクやセカンドバンクとして持っている銀行口座については、残高照会や振り込みのために、ATMに並ぶ必要はないでしょう。
モバイルバンキングの登録を行ってログインすれば、ご自宅にいながらランチを食べる店の予約席からでも、残高を確認し、振り込み作業ができます。お問い合わせ : リモートサポート、リモートコントロールのRSUPPORT – リモートコール

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/04/27/news-20180427/feed/ 0
従来は実現できなかったリモートアクセスが、リモートデスクトップで簡単実現! http://www.tcsturner.com/2018/04/20/news-20180420/ http://www.tcsturner.com/2018/04/20/news-20180420/#comments Thu, 19 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/04/20/news-20180420/ 皆さんこんにちは。今日はリモートデスクトップについてのお話です。
リモートデスクトップソフトは昔からあるもので、これまでも様々なものがリリースされてきました。
さらに、MicrosoftのOSであるWindowsにも標準で搭載されてきましたが、在宅勤務など、テレワークで使用するには大きな障害がありました。
それは、異なるネットワーク間での接続に、手間と工夫が必要だったということです。
○社外で作業するにはネットワークの設定変更が必要でハードルが高かったけれど…
操作される側のコンピューターは「ホスト」と呼び、操作する側のコンピューターをクライアントと言います。
本来であれば、リモートデスクトップ接続はホスト側とクライアント側が、同じネットワーク上に存在しなければ接続不可能でした。
会社もおうちでも、「ルーター」と呼ばれる機器があれば、外部のインターネットと隔てられ、同一のネットワーク上にはないということになります。
遠く離れたところにいても、異なるネットワークにあるパソコンに遠隔で接続するには、
「VPN」と呼ばれる仕組みを取り入れ、同じプライベートネットワークを論理的に仮想構築する、あるいはルーターに特殊な設定を入れて、外部の特定端末からの通信を特別に受け入れるシステムを利用する方法があります。
いずれにせよ、ネットワークの設定変更をしないとつながりません。
これを実現するためにはコストも手間もかかってしまうため、導入のハードルも高いものでした。
○リモートデスクトップでリモートアクセスが可能に!
しかしリモートデスクトップにより、最近ではVPNやNAT変換の設定が不要になったのです。
物理的に遠く離れていても、プライベートネットワーク間のコンピューターを簡単に遠隔接続することが可能です。詳しくはこちら

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/04/20/news-20180420/feed/ 0
高価すぎないけれどグレードが高いおすすめのスマホ「Mate 10 lite」 http://www.tcsturner.com/2018/04/11/news-20180411/ http://www.tcsturner.com/2018/04/11/news-20180411/#comments Tue, 10 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/04/11/news-20180411/ 年末年始になると、新しいスマホに買い変えたくなりませんか?
といってもそんな高価なものは買えないというあなた。
10万超えのスマホは買えないけれど、それ以下だったら何とか…という人もいるのでは?
高すぎるスマホは、いくら新しくて性能が良くて優れていても、なかなか手が出せませんよね。
そこで今回は、10万円以下で買える、新しくてグレードの高いスマホをご紹介します。
○「ファーウェイ」の最新SIMフリースマホ「Mate 10 lite」
10万円前後だと手が出せませんが、4万円台だったらどうでしょうか。
新しくて性能も優れていて、写真写りも優れています。
縦長のディスプレイを搭載しており、メインカメラは、1,600万画素+200万画素、インカメラは1,300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載しています。
ファーウェイ自慢の「背景ぼかし」もしっかり適用されています。機能性が高いだけでなく、見た目もいいしカメラも綺麗です。
年末年始にぜひチェックしておきたい新スマホでしょう。https://www.remotecall.com/jp/products/pc-support/

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/04/11/news-20180411/feed/ 0
スマホを使う上での注意点 http://www.tcsturner.com/2018/03/27/news-20180327/ http://www.tcsturner.com/2018/03/27/news-20180327/#comments Mon, 26 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/03/27/news-20180327/ スマホはメリットが多く、使い勝手がいいですが、一方で、スマホを狙った悪質な犯罪も増えています。
メリットもあればデメリットもあります。
スマホを使っていく上では、気を付けなければいけないこともあります。
○スマホを使う上でこれだけは知っておきたいこと
スマホをこれから買おうとしている人がいたら、スマホには便利なことだけでなく、デメリットになることもあるということを、知っておきましょう。例えば次のようなものが挙げられます。
・スマホに依存してしまうケースがある
・紛失した時のリスクが極めて高い
・高額な料金
スマホはマルチな機能がついているため、従来の携帯電話よりも高額になってしまうことが多いです。各種サービスや口座とも連携しているものだと、紛失した時のリスクも高くなってしまうでしょう。
さらに、ネットに接続しやすいゆえに、スマホに依存してしまう可能性も出てきます。
スマホを購入する前には、これらのポイントについても、しっかり考えていきましょう。詳しくはこちら

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/03/27/news-20180327/feed/ 0
スマホにはデメリットもあるけれどトラブルへのフォロー体制も充実 http://www.tcsturner.com/2018/03/23/news-20180323/ http://www.tcsturner.com/2018/03/23/news-20180323/#comments Thu, 22 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/03/23/news-20180323/ スマホには魅力的なポイントもありますが、デメリットになることもあります。
例えば月額5000円以上の料金がかかるという30代の男性の声があるように、昔のガラケーと比較すると、スマホの料金は高そうだというイメージを持つ人も多いでしょう。
○スマホには依存してしまう恐れもありますが…
他の人との交流においても、情報収集もスマホに依存してしまうという40代女性の懸念の声もありますが、特にお子さんの場合、スマホ依存症になってしまうのが心配な人もいます。
「TONE」には使用時間を制限する機能もあるため、設定した時間以外は端末にロックがかかり、使用時間をコントロールできまる機能で、「スマホに夢中になり過ぎるあまり、勉強が疎かになる」ということも防げるでしょう。
○スマホは高額!でも使い放題のプランもあります
「TONE」の基本プラン月額料金は、1000円(税抜)です。
基本プランには050から始まる 「IP電話通話基本料」と「インターネット使い放題」が含まれています。
「TONE」であれば万が一スマホをなくしても、パソコンから遠隔操作すれば、端末にロックがかけられるので、他の人に見られてしまう心配もありません。
さらに地図上で端末の位置を確認し、サイレントモードであっても遠隔でアラームを鳴らすこともできるので、紛失したスマホを救出しやすいです。リモートミーティング

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/03/23/news-20180323/feed/ 0
スマホの出荷台数が2021年には17億台にもなる? http://www.tcsturner.com/2018/03/18/news-20180318/ http://www.tcsturner.com/2018/03/18/news-20180318/#comments Sat, 17 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/tcsturner-com/2018/03/18/news-20180318/ アメリカの市場会社IDCがまとめたレポートによると、世界におけるスマホの年間出荷台数は、2017年の約15億台という記録から、2021年には約17億台にもなるという見通しを出しました。
○2019年には5割超えか?
2016年~2021年までの平均成長率は3%であり、従来の高い水準まで及びません。
しかし市場では「ファブレット」と呼ばれるディスプレイ(5.5~7インチの大型端末)が急速に伸びていることがわかっています。
○ファブレットの成長率が急ピッチで進んでいる?
ちなみに昨年のファブレット世界出荷台数は6億1100万台です。
これが今後、年平均18.1%の成長率で伸びていき、2021年には10億台に達すると言われています。
その一方で、ディスプレイのサイズが5.5インチ未満の、これまで一般的だった画面サイズの端末は減っていく見通しです。
2012年時点では、ファブレットの全てのスマホ出荷台数に占める比率は、わずか1%です。
しかしながら、これが2017年には4割に達し、2019年には5割を超えると、IDCは先を読んでいます。ブラウザのみでWeb会議 – リモートミーティング

]]>
http://www.tcsturner.com/2018/03/18/news-20180318/feed/ 0