feed Subscribe to feed
pic
27. 08
2019

auの「BASIO3」はシニア人気が高い

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“docomoのスマートフォンと比較されることが多い「BASIO3(ベイシオスリー)」ですが、以下のような特徴を持つため、良くdocomoと比較されることがあります。
BASIO3は、2018年1月19日に発売されたスマートフォンで、今でも、シニア向けスマートフォンの中ではトップの人気を誇ります。というのもBASIO3は、「防水機能、ワンセグ、赤外線通信機能」を持つスマートフォンだからです。
残念なことに、BASIO3はおサイフケータイ非対応となっているので注意してください。シニア向けスマートフォンというと、おサイフケータイが高い割合で適用となっているため、これらの機能を持つスマートフォンと思われがちです。
ですが、赤外線通信機能を持つスマートフォンは少ないので、こちらの機能を評価できる人であれば、BASIO3を持つと良いでしょう。ちなみに、BASIO3は従来のスマートフォンよりも頑丈に仕上がっている特徴もあります。”

12. 08
2019

SHARPスマホはIGZO液晶で有名

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“SHARP製品の中には、「IGZO液晶」など、液晶に力を入れていることがわかる製品が多いです。
IGZO液晶は、SHARPが独自に開発している液晶で、他にも以下のようなところに力を注いでいるため、世界でもトップクラスの性能を誇るスマートフォンが多いのです。SHARPスマホは、「IGZO液晶によってスマホのバッテリー消費を抑える」ことに成功しています。
というのも、バッテリー消費が早まってしまう原因は、主に液晶によってバッテリー消費が促されるからです。しかしIGZO液晶は、テレビの液晶であっても省エネを実現しているという特徴があります。
そのためSHARPスマホは、バッテリーの持ちが良いスマートフォンなのです。しかもSHARPスマホは、高画質、動画もなめらかに再生できるという特徴があり、デメリットらしいものがないので、ハイスペックスマートフォンとして人気になっています。
このような人気は、国内外でも大きなズレがありません。”https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s10/

26. 07
2019

格安スマホの定番となっている「HUAWEI P10 SIMフリー」

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“キャリアがSIMフリーのスマートフォンを探している場合、HUAWEI P10 SIMフリーのようなスマートフォンがオススメです。
HUAWEI P10 SIMフリーは、販売時期が2017年以降となっています。ですが、今でもHUAWEI P10 SIMフリーを利用している人は多く、以下のような長所を併せ持っているため、人気が高いスマートフォンなのです。
まずHUAWEI P10 SIMフリーは、「約35000円で購入できるスマートフォン」となっています。最近になってプランの見直し、本体価格の引き下げが見られるようになってきましたが、2017年当初は40000円超えのスマートフォンが多かったため、HUAWEI P10 SIMフリーが人気になるのにも納得できます。
しかもHUAWEI P10 SIMフリーは安いだけでなく、「OSがAndroid 7.0、CPUがHUAWEI Kirin 960、ROMが64GB、RAMが4GB」のような、高性能も売りにしているのです。”

15. 07
2019

最新機種にも搭載されている!生体認証は必要な機能?

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“テレビコマーシャルでも、「生体認証ありのスマートフォン」であることを謳っているものが増えてきました。
ですが、生体認証機能が無いスマートフォンの場合、以下のようなリスクが発生する可能性もあるため、なるべく生体認証機能付きスマートフォンを購入したほうが良いでしょう。リスクその1は、「他人に情報を盗み取られる」可能性です。
従来のパスワード機能のみでは、生年月日、趣味、メモなどから、パスワードを推測される可能性があります。しかも、パスワードを突破されてしまうと、スマートフォンのデータ、アプリのほとんどに干渉できるため、重要な情報を盗まれる、悪用される危険性があるのです。
リスクその2は、パスワードそのものを忘れてしまう可能性です。今では、子どもだけでなく老人もスマートフォンを利用するようになりました。
生体認証機能は、指紋認証であれば指紋を読み込ませるだけで良く、パスワードを忘れてしまった時でも、安心してスマートフォンを利用できます。”

29. 06
2019

カラーバリエーションも豊富な「AQUOS sense2 SH-M08」

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“AQUOS sense2 SH-M08のカラーバリエーションですが、全7色を提供しているので総評も悪くありません。
ベンチマークテストのトータルスコアでは、61252となっているため低いように感じますが、SIMフリー端末として販売されているため、ハイスペックスマートフォンとはどうしても差が出てしまいます。ですがAQUOS sense2 SH-M08は、「おサイフケータイ」、「防水、防塵の機能」を有しているので、機能が充実しているスマートフォンで、安いものを探している人にオススメできます。
AQUOS sense2 SH-M08のカラーですが、ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー、ゴールドピンク、カーディナルレッド、ターコイズグリーンとなっています。ビビッドカラーは少ないため、平均的なデザイン、カラーのスマートフォンを求めている人も、AQUOS sense2 SH-M08と相性が良いでしょう。
AQUOS sense2 SH-M08の販売価格ですが、現在は3万円台となっています。”

23. 06
2019

画期的な機能を搭載している「VAIO Phone A」

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“VAIOシリーズのVAIO Phone Aは、デュアルスタンバイに対応している機種となっています。
スマートフォンというと、プライベート、仕事で使い分けたいという人もいるのですが、そのためには、プライベート用スマートフォン、仕事用スマートフォンを所持しないといけません。ですがこれでは、使い分けるために管理しないといけない面倒臭さ、コストパフォーマンスが良くないデメリットが発生します。
しかしVAIO Phone Aは、デュアルスタンバイによって「microSIMカード、nanoSIMカード」の装着で、プライベート、仕事で使い分けることが可能となっているのです。そのため、すでに複数のスマートフォンを所持している人ほど、そのような状態から脱却するために、VAIO Phone Aを購入するケースもあります。
ただしVAIO Phone Aは、おサイフケータイ、ワンセグ機能はありません。つまり、スマホのデータ通信をメインに利用する人であれば、VAIO Phone Aと相性が良いのです。”

16. 06
2019

RAM(メモリ)について知っておいたほうが良いこと

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“昔に比べて現代のスマートフォンは、「動画、ゲームがサクサク動く」という意見が増えてきました。
このような評判が存在するため、あえてandroid端末の最新機種を選ぶ人もいるのですが、具体的には、以下のような向上を果たしているため、最新機種の動作はサクサクとなっているのです。まずandroid端末の多くは、RAM(メモリ)が3~8GBという、昔では考えられないほどの高性能になっています。
多くの人が利用している高性能スマートフォンでは、Xperiaシリーズがあるのですが、こちらは標準的なRAMを搭載していると言われているにも関わらず、RAMは3~4GBとなっているのです。ちなみに、ゲーム、インターネット利用で必要とされるRAMは3GB前後です。
もし、余裕をもって動作するスマートフォンが欲しいという場合は、4GB以上に対応しているスマートフォンを選びましょう。また、ゲーム、インターネット利用以外では、メモリを多く使用するサービスは無いとされています。”

9. 06
2019

使いやすく多機能な「AQUOS sense2 SH-01L」

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

“スマートフォンのスペックに安定感を持たせたい人ほど、AQUOS sense2 SH-01Lのような、AQUOSシリーズを利用されることが多いです。
AQUOSシリーズの中でミドルレンジモデルに該当するものが、AQUOS sense2 SH-01Lとなっています。ハイエンドモデルと比べてスペックは劣りますが、AQUOS sense2 SH-01Lは、「docomo with」対応となっているため、コストパフォーマンスは優れた端末といってもおかしくありません。
そのためAQUOS sense2 SH-01L購入者の年齢層は幅広く、今では「子どもに持たせることの多いスマートフォン」としても有名になりました。AQUOS sense2 SH-01Lのスペックですが、OSはAndroid 8.1、CPUは1.8GHzオクタコアを搭載しています。
しかもAQUOS sense2 SH-01Lは、質量が155gとなっているため、長く使用していても疲れない長所もあります。”

25. 05
2019

釣り好きにはたまらない商品

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

釣りをしている時に待つのも一つの醍醐味だと私は感じているのですが、みなさんはどう思いますか。ただやはり時間がもったいないと思うこともありますし、待ってる間に他のことをしていた方が有意義な時間を過ごせると思うのも、一つの事実だと思っています。そんなあなたに魚が引っかかったらスマホに通知をしてくれるリールを教えましょう。さらにこのリールは4つまで管理できる為、一度にたくさんの竿を監視できます。しかしなんと言ってもデザインが未来っぽくてカッコいい。通知の方法はテキストから光までさまざまな方法で教えてくれる為、何か事情があってもこの内の一つさえ確認できれば、簡単にわかります。残りはその人の実力で釣れるかどうかが決まる為、釣りに支障も出ませんし楽しむという意味では困らないと思います。強いて言うのであれば釣りに来ているのに釣りに集中できないと言う点でしょうか。スマホに通知が来るとわかっていると集中する必要がない為、あまり使いすぎると勘が鈍るかも知れませんね。

17. 05
2019

4つカメラ全てがソニー製

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

とある記事で読んだことと私の意見を混ぜて書いていこうと思う。その記事では「HUAWEI P30 Pro」の評判について書かれていた。評判は微妙のようで期待されていた割にはそこまで良くなかったらしい。簡単に言うと大きく別れたらしい。4つのカメラを全てソニー製にした為意見が分かれたのだ。カメラに対して満足している人もいれば、不満がある人もいるらしい。これは自分の意見を尊重すれば良いのだが、この両方の意見ともただ適当に言ったわけではなく、しっかりと試した結果なのでどちらも信頼できる結果だろう。私が思うにソニー製のカメラを4つ使うのは賛成派だ。触ってない人が言うのもなんだが、ソニー製のカメラが悪いと言う評判も聞かないしこの記事を読んで、私はカメラというよりかはスマホ本体とカメラの相性が悪かったのかなと思った。それかもう少しパーツを選んだり調整を行い利用者の意見を、聞いて取り入れば良くなったのではないかと思った。

Search this blog

Tag cloud