feed Subscribe to feed
pic
17. 07
2018

TOWAROWサポートセンターの遠隔サポート

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

離れた場所から遠隔操作して様々なサービスを受けられるのが遠隔サポートです。
その遠隔サポートを利用して様々な問題を解決している人は多くいますが、会議室や教室、議場などの運用を遠隔サポートすることもできます。
それを可能としているのがTOWAROWの遠隔サポートです。
この遠隔サポートサービスは、システムを利用するときに迷ってしまい、どうしようもできなくなった場合にサポートセンターから遠隔サポートして問題を解決するというサービスとなっています。
また、システムに不具合が発生した時に、遠隔サポートセンターから専門スタッフが直接操作して迅速に解決してくれます。
それと、遠隔サポートセンターから定期的にモニタリングしてくれますし、システムを利用する前にはリモートサポートで点検するサービスも行われます。
この他には遠隔サポートでシステム診断や障害復旧対応、ログ収集や消耗品交換などのサービスも行っています。
それに万全のセキュリティで安心な遠隔サポートを受けることができます。

10. 07
2018

“<働き方改革関連法案>野党「高度プロフェッショナル制度」反発も今国会成立へ “

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

働き方改革関連法案は4日、参院本会議で審議入りしました。高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高プロ」の創設について、立憲民主、国民民主などの野党は反発を強めていて、あくまでも削除を迫る構えとなっています。ただ、政府・与党は20日までの会期を延長する方針を固めていて、法案は今国会で成立する公算が大きくなっているのです。国民の小林正夫氏は高度プロフェッショナル制度について「労働者の保護を究極的に緩める。過労死を誘発する制度は不要で、削除すべきだ」と述べ、政府の見解をただしたのです。安倍首相は「活力ある日本を維持していくためには、高い付加価値を生み出す経済を追求していかなければならない。制度の導入は我が国にとって待ったなしの課題だ」と従来通りの答弁を繰り返したのです。法案の柱の一つに、残業時間の罰則付き上限規制があります。立憲の石橋通宏氏は「月100時間未満、複数月の平均80時間以内」としている残業の上限は、過労死ラインに当たると指摘しています。これに対し、首相は「働き方改革実現会議で議論し、労使トップがぎりぎり実現可能だと合意し、立案したものだ」と述べています。

3. 07
2018

バス自動運転 小田急などSFCで公開

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

小田急グループの小田急電鉄(本社・東京都新宿区)、神奈川中央交通(本社・神奈川県平塚市)と慶応大は6日、藤沢市遠藤の慶大湘南藤沢キャンパス(SFC)で、バスによる自動運転技術の実証実験を報道陣に公開しました。将来的にはSFCと最寄り駅の湘南台や辻堂を結ぶバス路線での自動運転を目指すということです。この日は、SFC内に往復約500メートルのルートを設定しました。実験用の小型バスに関係者や報道陣が乗り込み、運転手がハンドルを握らない状態で走行し、技術的な課題やオペレーションについて検証したのです。バスにはGPS(全地球測位システム)や40メートル先の障害物を認識できるカメラ、レーダーを搭載しています。無人運転を想定して車内外の映像を遠隔操作でモニタリングできる機能も装備していました。今後は乗客の安全性など車内の対応を検証していくのですが、この中で神奈川中央交通事業推進グループの大塚英二郎課長は「バス事業者としては100がゴールなら今は10か20。走行技術だけでなく乗客のサポートが課題になる」と述べています。

26. 06
2018

オフィス桃太郎の遠隔サポートとは?

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

パソコンを使っているときに自分では解決できないトラブルが起きたら、何でもいいからすぐにでも解決したいものです。
それに、仕事で使用しているパソコンや周辺機器などが使えなくなってしまったら、仕事に悪影響を及ぼして重大な問題になってしまうかもしれません。
そんな時はサポートサービスを頼めばいいのですが、電話サポートでは分かりにくかったり出張サポートでは遅すぎたりします。
そこで便利なサポートサービスとなるのが遠隔サポートです。
その遠隔サポートは多くの企業で行われていますが、その中の一つにオフィス桃太郎の遠隔サポートがあり、1拠点月額1800円で利用することができます。
オフィス桃太郎は設立27年ということで安心して利用することができ、プロフェッショナルが迅速かつ正確な対応でトラブルを解決してくれると評判になっています。
それと、親切で丁寧な対応と分かりやすい遠隔サポートは誰でも気持ち良く利用することができるでしょう。iOS / Android遠隔サポートソフトウェア「RemoteCall」

19. 06
2018

楽天モバイルの遠隔サポートは満足度が95%

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ガラケーからスマホに変えた人は操作や設定が難しくて分かりにくいですし、特に高齢者の方はスマホに詳しくありませんので困ってしまいます。
その悩みを解決してくれるのが遠隔サポートですが、その遠隔サポートの中でも楽天モバイルの遠隔サポートは満足度が高くて注目されています。
楽天モバイルの契約者が月額500円で利用することができ、通話料無料で何回でも電話サポートも受けられますし、専用のアプリをダウンロードすれば様々な問題を解決できる遠隔サポートが利用できるようになっています。
また、他社で購入したスマホやタブレット、パソコンやウェアラブル端末などもサポートしてくれますし、LINEやFacebookなどのアプリ設定もアドバイザーがサポートしてくれます。
それに、専用アプリの通知機能でトラブルを未然に防ぐことができますし、遠隔サポートでなくてもチャット機能で気軽に相談してアドバイスを受けることができます。
困った時に頼れる楽天モバイルの遠隔サポートは誰にとっても有り難いサービスと言えます。

13. 06
2018

tcsturner.com リモートアクセスを使う前にセキュリティ確保を

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

便利でいて簡単に操作できるリモートデスクとはいえ、デフォルトはリモート接続は無効になっています。
有効にする前には、ちゃんとしっかりセキュリティ確保する必要があります。
その上で、簡単にできるセキュリティの設定も行っています。
○IP接続制限
リモートデスクトップをアクセスしてくる相手のIPアドレスを登録しておき、許可したIPアドレスからだけ、リモート接続を許可するという方法です。
この方法は人気があり、かつ確実です。
ただし、このように指定されている方法であるため、IPアドレスは固定IPで持っている必要があります。
コストをかけるという要求も高く、結局高額な支払いにもなりかねません。
スマホでテザリングしたものでリモート接続となってくると、なかなか厳しくなってしまうでしょう。
もちろん、IPブロック単位での許可は可能ですが、IPブロック単位での許可はもちろん、それだけ穴があいてしまうことにもなります。
家やオフィスなど、2つの営業所やスマホのテザリングを含めると、結局いくつも設定しなければなりません。
なかなか容易にはいかないのですね。Web会議料金プラン

14. 05
2018

遠隔サポートのメリットとは

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

遠隔サポートのメリットと言えば、使う人を選ばないということでしょう。
画面の位置や画面距離にも関わらず、簡単な操作環境を提供しています。
リモコンの設置に伴うリモコンの紛失や、乱暴な取扱いによって破損してしまうリスクもありません。
ショーウィンドウ越しに操作ができるので、パネルの盗難や破損への心配もないでしょう。
スタッフ常駐による管理負担も減ってきます。
ショーウインドウ越しの操作によって、新しいSPやPR演出も可能です。
大型パネルならではの演出効果を活かしたインタラクションも、可能です。
設備盗難の心配がない 設備負担が少なくなる 設備破損しなくなったなどもあります。
ポイントは、リモコン不要の操作環境の提供です。
パネルの大型化が進むインフォメーションボードや、高い位置にあるデジタルサイネージを展開する時には、利用者によって利便性の高いイントラクション開発が可能です。
○遠隔サポートはコストメリットが高い
大型のパネルへタッチすることや、パネルで同じような機能を持たせた場合には、費用も高くなってしまいます。
さらにNUI技術が普及するにつれて、まずはタッチパネルで「操作ボタン」が消失していき、リモコンも消していくことになります。
次世代のテレビをはじめとするAV機器やデジタルカメラ、白物家電へも、リモコンレスとしてユーザーの意図を理解しながら、
コントロール・バーや拡大・縮小を自在に操作させる技術としても利用できます。

7. 05
2018

従来の問題点をクリアした遠隔サポート

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

パソコンやスマホといったデバイスやwebサービスのユーザーへのサポートとしては、
電話によって行うのが一般的です。
しかしながら、最近ではオペレーターがリモート操作によって、必要な操作を代行する「遠隔サポート」が一般化してきています。
そこで今回は遠隔サポートについての概要や、遠隔サポート提供側とクライアント側のメリットやデメリット、さらには活用するための注意点をわかりやすくまとめています。
○遠隔サポートって何?
遠隔サポートは、オペレーターが離れたところから操作することによって、必要な操作を代行してくれるものです。
一般的にいうと、ユーザーは以下のようなステップで遠隔サポートしていきます。
ユーザーへのサポートは、従来は電話によって行われてきました。
しかしながら電話だけに頼ったサポートでは、ユーザーが取るべき行動をオペレーターが正しく伝えることが難しいという問題点もありました。
しかしながら遠隔サポートであれば、このようなもどかしい事態を回避することが可能です。電話による指示だけではなく、ユーザーが目にしているPCやスマホの画面上で指示を出す、オペレーターが直接操作をすることによって短時間で要領よく、的確なサポートを行えるからです。
このような意味においても、ユーザサポートにおいて遠隔サポートが一般化しつつあるのは自然と言えるでしょう。

1. 05
2018

ドコモが2画面スマホ「M Z-01K」を発売

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

今日は、ドコモのM Z-01Kについてのお話です。
○ドコモ「M Z-01K」がついに解禁!
NTTドコモは2月9日、2つのディスプレイを搭載する折り畳み型のAndroidスマホ「M Z-01K」をリリースしました。
2画面で別々の内容を表示し、見開きの大画面で映像を楽しむこともできます。
端末価格は、一括で9万2664円となります。
5.2インチのフルHDは、液晶ディスプレイを2つ搭載しています。
1画面の「通常モード」の他、各画面に別のWebサイトやアプリを表示する「2画面モード」、2画面を1つの大画面(約6.8インチ)として使える「大画面モード」や、両画面に同じ内容を表示させる「ミラーモード」に切り替えることができます。
プロセッサはSnapdragon 821、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBです。
外部ストレージについてはmicroSDHCカードスロットを備えていて、2930mAhバッテリーも搭載しています。
折り畳み時のサイズは約72(幅)×約151(高さ)×約12.1(厚さ)ミリです。重さは約226グラム。色はブラックのみです。

27. 04
2018

本当にスマホをフル活用している人は少ない?もっと有効活用するための方法

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

もしも現在手元にあるスマホをフルで活用すれば、今よりグンと暮らしは豊かになるでしょう。
スマホを持っていても、実は一部の機能だけしか使っていないという方も案外多いはず。
多くの人がスマホを持つようになっていますが、本当にスマホの機能をフル活用している人たちは、意外と少ないです。
○パソコンよりも優れたスマホ、もっと有効活用を
総務省のリサーチによると、スマホの世帯普及率は70%で、これはPCとほぼ同じ割合です。
個人単位でみてみると、20代でしたら94%、30代は90%、40代でも80%と、普及率は高いです。
スマホには大量の保存容量、カメラに高速ネット環境など、これまでのパソコンと比べて力強い機能がたくさん搭載されてきています。
スマホはWindows95の時代のPCよりもパワフルであることはもちろん、WindowsXPよりも使える端末といっても過言ではないでしょう。
これが手のひらサイズに収まるのですから、すごいですよね!
しかし私たちは、このスマホを使いこなしているとは当然言い切れません。
眠れるスマホの力を、お金の問題改善のためにもっと利用しませんか。
例えば…
○オンラインバンキングのアプリを使う
メインバンクやセカンドバンクとして持っている銀行口座については、残高照会や振り込みのために、ATMに並ぶ必要はないでしょう。
モバイルバンキングの登録を行ってログインすれば、ご自宅にいながらランチを食べる店の予約席からでも、残高を確認し、振り込み作業ができます。お問い合わせ : リモートサポート、リモートコントロールのRSUPPORT – リモートコール

Search this blog

Tag cloud