feed Subscribe to feed
pic
28. 12
2015

ドコモ光”時代の新提案――「ウチスマ」から見る未来のスマートホーム

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

NTTドコモは、ドコモショップなどでスマートホームを体験できる「ウチスマ」コーナーの設置を進めています。光ブロードバンドを活用した生活がどのようなものなのかを知るために、その第1号店を訪ねました。日本のコンテンツサービスは“モバイル”を中心に回っています。FTTHなど家庭向けのブロードバンドサービスが広く普及している現在において、PCやデジタルテレビ向けの動画・音楽配信サービスが充実してきたにもかかわらず、それらを使いこなせている世帯は少数派なのです。iモード時代から携帯キャリア主導によるモバイル向けコンテンツビジネスが中心だった日本では、スマートフォン時代になっても動画配信や各種音楽サービスなどはモバイルで使う人が多数派なのです。しかし、時代が変わって、モバイルと家庭向けの固定通信サービスの垣根はなくなっています。携帯キャリアが固定通信事業もセットで手掛けるようになって、コンテンツビジネスもPCやデジタルテレビ向けといった「ホーム市場」の重要性が増しているのです。NTTドコモでも、2015年3月にドコモ光が開始したことに伴って、家の中でもさまざまなサービスやデバイスを利用できるようになりました。しかし、これまでケータイやスマホ中心でネットやコンテンツの利用をしていた人にとっては、光サービスのメリットや利用シーンを想像しづらいところかもしれませんね。

26. 12
2015

ドコモ スマホのリスク

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ドコモ スマホを子供さんに与えたいと言う人たちもいるでしょう。子供さんにdocomoのスマートフォンを渡す前に、安全にスマートフォンが使用されるためにも指導することが大事です。
スマートフォンは便利です。しかし、スマートフォンを持つことによって起こるリスクのことをご存じでしょうか。 スマートフォンは大きな社会と繋がり、事件にも巻き込まれてしまうかもしれないリスクを抱え持っています。
ワンクリック詐欺や個人情報の流出という被害は、ほとんどのケースは大人だと安心していていいものでしょうか。何も判らない子供がスマートフォンの世界に登場すれば、真っ先にいいカモになるのはこのような子供たちです。
判断力が低く知識の浅い子供たちが、悪い大人たちは、スマートフォンを通して向きあうことになってしまうかもしれません。 実際に子供のスマホトラブル被害件数も急増して来たと言われています。更に2014年度に実施された『全国学力・学習状況調査』からもスマートフォンによって学力低下のリスクは浮き彫りになりました。
タブレットを選択するためには…

25. 12
2015

スマホ 比較 音楽アプリ

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

Androidスマホ 比較して、一番グッドな音楽アプリはどれでしょうか。 jetAudio Music Player Basicもいいです。
jetAudio Music Player Basicもいいですが、Google Play Musicもいいです。Google Play Musicもいいですが、Shuttle Music Playerなんていかがでしょうか。
Shuttle Music Playerは、とても使いやすい音楽アプリであり、入れやすいのは何かという時、是非Shuttle Music Playerに注目していただければと思います。MP3、MP4/MP4A wav、基本形式は再生することが出来ます。アーティストの写真を自動でつけてくれると言うのもちょっと嬉しい機能です。いちいち所定の場所に入れると言うのが面倒くさいと言う人たちにおすすめアプリです。パソコン上から、端末に保存するだけで、アプリが音楽ファイルを探して表示してくれます。
そしてCloudAround Lite Music Playerもおすすめです。クラウドストレージ経由から音楽が再生できる素敵なアプリです。音楽は、端末に入ってなければ聞くことが出来ないと言う訳ではありません。

23. 12
2015

Blu-ray BOX発売×auのコラボなど、エヴァンゲリオンの今年の軌跡。

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

今年2015年はあるアニメにとって記念すべき年でした。
それは「新世紀エヴァンゲリオン」という大人気アニメで、多くの人がこの記念イヤーに何かあるのではないかと期待していました。
テレビアニメ放送から20年を迎えました。未だに根強いファンも多く、たくさんのコラボも本年に限らずいろいろとありましたが、今年はどうだったのでしょうか。
例えば1月にUSJでエヴァンゲリオンが登場しました。1億円を集めて、ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクトなどもありましたが、金額が集まらずに失敗してます。
また魔法使いと黒猫のウィズなどのゲームアプリともコラボを幾つかしています。
街コンとコラボしたり、野菜生活とコラボしたり、auなどともいろいろとコラボをしています。
それだけエヴァンゲリオンは人気があり、エヴァとコラボすることで、メーカー側にも大いに利点があるのでしょう。
最新の情報ではニコ動で大晦日の正午からアニメ全26話が一挙放送されることになっています。
正直動画の見放題サービスを契約していない人に取ってはとても嬉しい情報ではあります。
ただ、ファンの中からはあまりいい声が聞こえてこないもの確か。
また、映画の公開などが遅れているのは少し残念ですが、今後ゆっくりでもいいので、絶対に公開まではこぎつけて欲しいなと思います。
なんだかんだ言っても、エヴァンゲリオンの人気はまだ長く続くと思います。
人気があるからこそ批判だって集中しますので、これからもコラボも含めて長く愛されるものであって欲しいと思います。

22. 12
2015

“スマホ おすすめ 格安の方がいい “

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

スマホ おすすめはやっぱり「格安」ではないでしょうか。しかし、実際に格安スマホが合う人たちとそうでない人たちがいるようです。誰もが格安スマホに向きあうと言うのは正しい訳ではありません。
格安スマホも電話としてしっかり利用することが出来ますが、後々気付くことは、欲しい時にしっかりサポートを受けることが出来ないと言うことです。キャリアメールがないと言うのも後々痛いと思えることかもしれません。
ただ価格が安いものという意識に囚われていると、後々後悔することになります。格安スマホは、格安だけにデメリットが他にも存在していると思った方がいいです。
手順書を見ながらSIMの設定すると言うのも案外面倒くさいものです。それが出来るという人たちでなければ、格安スマホをいじるべきではありませんし。
通話が二時間程度と言うのなら、格安スマホの方が得かもしれませんが、そうでないのなら、格安スマホでない方がいいかもしれません。
Galaxy

19. 12
2015

 iPhone純正ケース、ジョブズも失望?

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

アップルが発売したiPhone 6/6s用の純正バッテリー内蔵ケース「iPhone 6s Smart Battery Case」が、ネット上で大ブーイングを浴びているようです。先日、AppleはiPhone 6/6s用のバッテリーとシリコンケースが一体となった「iPhone 6s Smart Battery Case」を予告なしということでいきなり発売しました。充電式バッテリーを内蔵していて、本体の充電がなくなりそうになったら、iPhone本体下部のLightning端子を介して接続して電池の持ち時間を延ばすことが可能となっているのです。バッテリー部分は本体の背面に出っ張った形で装着されます。価格は1万1800円です。ケースは背面のバッテリー部分が奇妙に盛り上がっていて、装着するとiPhone 6/6sの薄型ボディーが台無しになってしまうことから、ツイッターでは、「これは何というかAppleらしくない気がする。どうなのかな?」「こんな不細工なデザインが純正とは絶句」などなど、そのデザインを酷評するネットユーザーが続出する事態となっているのです。また、「iPhoneの生みの親」と呼ぶべき存在である、元アップルCEOの故スティーブ・ジョブズ氏を引き合いに出してきて、「ダッサダサのApple純正iPhoneバッテリーケース、ジョブズが見たら何と言うだろう」と言うコメントもあります。

16. 12
2015

“au スマホ  LTEとは何か “

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

au スマホと言う時、
4G LTEという言葉に出合うかもしれません。しかし、今更堂々と4G LTEって何?とは聞けないのではないでしょうか。
Long Term Evolution、それを略してLTEです。現在の第3世代携帯電話・3Gを進化させた通信規格のことを言います。進化したということは間違いなく今まで存在していた通信規格よりも圧倒的に速度の速さを期待出来ると言うことです。
たくさんのデータを一度に送受信出来ます。これは、私達スマートフォン社会にとってとても喜ばしいことなのです。今まで私は3Gと言うのなら、今度LTEに向きあえば、15倍以上もの速度の違いを感じることが出来ます。受信最大150Mbps超です。
通信規格のLTE、そしてプラチナバンドというものは電波の周波数帯域 ・700MHz~900MHz帯のことを言います。電波が遠くまで届きやすい、そして大きな建物があれば、まわりこむことによって都心のビル街でもつながりやすいという大きな特性があります。

15. 12
2015

ドコモ、書いた文字をそのまま翻訳できるアプリ「てがき翻訳」公開

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

NTTドコモは11月30日、スマートフォンやタブレット上に書いた文字を翻訳できるアプリ「てがき翻訳」を公開しました。Google Playよりダウンロードでき、価格は無料となっています。対応OSはAndroid 4.3から5.1です。「てがき翻訳」は、タブレットやスマートフォンに書いた文章を翻訳するアプリです。タブレット版では、イラスト描画や写真の挿入が可能となっているといった凝りようです。対応言語は英語/中国語(北京)/中国語(台湾)/韓国語/フランス語/スペイン語。それぞれ日本語との間で相互に翻訳が行えるようになっています。利用にあたっての申し込みは不要で、ドコモユーザー以外も利用できるようになっています。実際にスマホを活用しての翻訳というのはこれからの成長分野とされていますが、翻訳精度というのは一昔くらい前からそれほど進歩があるわけではありません。もっともそれには日本語の特殊性がありますから一概にはいえないのですが、ある程度のルールを決めてかかると翻訳もスムーズにいくとされています。それは日本語を丁寧な標準語を使って書き込むということです。女性が使う絵文字なのはもってのほかの世界でうもあるのです。このあたりを踏まえるととても制度のよい翻訳ができるかもしれません。

10. 12
2015

“格安スマホ 比較 本当にそのスマートフォンで大丈夫?”

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

格安スマホ、そしてそうでないスマホをしっかり比較して、自分にメリットの大きなスマートフォンを購入しましょう。格安スマホ 比較。多くの人たちが格安スマホにメリットがあると言います。
格安スマホは、仕事で電話をかける機会が多いと言う人たちには、それ程向く方法ではないようです。
兎に角安くしたいと言う人たちは、格安スマホに目を向けてみるべきでしょう。料金のお話しをすれば、月々の携帯電話の料金が2000円くらいに収まると言うのは、今までそのような方法を選択していない人たちにとって、驚異に値するはずです。
大手キャリアでは2年毎に契約更新など、縛りの問題に悩まされることになりますが、格安スマホにはそのようなことがなく、一度手続きをすれば、それからわずらわしい手続きに悩まされることなどなく、自由性の高いスマートフォンなのです。
しかし、格安SIMのデメリットは、スマートフォンを最初に用意しなければならないことであり、通話代が30秒20円かかること、長話など決して格安スマホで出来たものではありません。キャリアメールも使用出来ない、通信速度もそれ程期待出来ないかもしれませんし。

9. 12
2015

au スマホを選ぶポイント

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

au スマホをどのような規準で決めているのでしょうか。実際にスマートフォンを現在選択している人たちの5割がバッテリー持ち重視と言うことです。段々とそのモチベーションは高まって来たようです。
いろいろ機能がついてスマホのバッテリーの持ちが悪くなると言うのなら、それらを犠牲にしても、バッテリーが長い方がいいという人たちも増えて来ています。
しかし、本音を言えば、機能もいろいろついて、バッテリーの持ちがいいものが欲しいと思っているはずですが。
そして、デザインも大切なポイントです。持って格好良くないスマホなど誰も欲しいと思っていないのです。
ビジネスで使用すると言うことになれば、よりスマホ 性能を重視するものの、遊びでスマホと言う人たちはよりデザイン重視です。ディスプレイの大きさ、操作のしやすさ、端末の軽さ、薄さ、そしてスマホカメラ機能、 ディスプレイの画質、データ容量、音質…、本当にスマホには重視すべき視点が多くあります。

Search this blog

Tag cloud