feed Subscribe to feed
pic
30. 06
2017

ドコモのXperia XZs

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ドコモから先月の26日に発売となったソニーのスマホ、Xperia XZs。docomo スマートフォン新機種がこの春夏に一気に発売になりますが、先頭を切る形で、このXperiaが発売となりましたね。

見た目が他のスマホに比べるとメタリック的な素材ではないので、他のものと馴染むというか・・。ソニーのホームページでも、サンドブラストという加工をすることで金属のキンキンした印象はなく、マットな印象に仕上げられています。「暮らしに溶けこむ、美しく上質なデザイン。」と紹介されていました。このようなコピーを考える人、ホントうまいですよね^^

見た目の印象もさることながら、やはりXperiaですから カメラ機能が充実しています。高画質なカメラ機能、そしてシャッターチャンスを逃がさない先読みの撮影というものができるようになったので、今まで「あ~~、撮りそこなった!」という瞬間でも、しっかりとスマホに収めることができるようです。それと、IPX5/8の防水対応となっているので、多少の雨の中でも操作ができるそうです。

24. 06
2017

“物理ボタンが8個もあるauタフネススマホ『TORQUE G02』  ”

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

タフネスでは最強との呼び声が高い本製品です。防水防塵、耐衝撃、耐熱・耐寒・耐低圧などなど非常に幅広いガードを築きつつ、なんと、世界初の耐海水性能も装備しているのです。さらに、センサで水中か認識してカメラの色味などを変更する「水中モード」を備え、海で水中撮影にも対応します。水深1.5mまで、30分以内という制限はあるものの、海で使えるスマホというのは、とても刺激的なコンセプトです。美しい海に潜りながら本製品で写真を撮れば、まさに気分は水中カメラマンといってもいいでしょう。「どの方向から水流を当てても耐える」「深さ1.5mの水道水に静かに30分浸けても耐える」IPX5/IPX8の防水仕様と、「濃度5%の塩水を24時間連続噴霧、その後24時間乾燥」に耐える塩水耐久性。そして、「常温の海水かつ静水状態で、水深1.5mに約30分沈めても本製品内部に浸水しない」の耐海水性。さらに、濡れてもグローブでも使えるタッチ画面、騒音でも聞こえるスマートソニックレシーバー、大音量スピーカー、スピーカーフォンのハードウェアボタンなど、ハードな環境でも使いこなせる機能を装備。まさにタフネスを極めているスマホと言えます。『TORQUE G02』の右側面には電源とカメラボタン、前面下部には“戻る”、“ホーム”、“タスク”ボタン、左側面にはボリューム大、ボリューム小、“ダイレクト”ボタンがあります。この最後のダイレクトボタンのみユーザーが自由にアプリや機能などを割り当て可能で、『TORQUE G02』を完全に使いこなすにあたって重要なボタンとなります。
スマホは防水タイプで快適安心!

15. 06
2017

スマホの充電で新しいものが!

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

ちょっと面白いスマホ充電器を発見しましたよ。
これはちょっと欲しいなって思ってしまうぐらいの商品です。
今開発されているといった段階みたいなので、これから発売されれば売れるのは間違いないような気がします。
それは「充電ロボット」なのですが、なんとロボットが簡単にスマホ充電をしてくれるようになるのです。
お掃除ロボットがあると思うのですが、それほ充電器バージョンといった所でしょうか。
スマホ自動で探知して、充電をしてくれるようになるのです。
でもこれからの時代は充電までロボットに任せるようになるのかなと思ったらすごいんと思いますね。
スマホ充電もこれからは自分でやらなくても良い時代になってくるんだなと実感しました。
スマホ充電をロボットにしてもらえるようになルなんて考えてもみませんでした。
販売されるようになれれば、こういったロボットを家庭で見られるような事もあるのかなと感じました。
今までであれば、充電を忘れてしまって充電がなくなったなんて事だってあったと思います。
でも、この充電器があればこれからそんな心配だってなくなりそうです。
充電がない場合はロボットがやってくれるのでお任せで大丈夫ですね。

Search this blog

Tag cloud