feed Subscribe to feed
pic
14. 12
2018

株式会社トアイリンクスのテレワーク

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

レンタルオフィス業や婚活情報サービス業、デザイン広告物制作業などを展開している企業に「株式会社トアイリンクス」という企業があり、子育て世代の女性の就業支援をテレワークで行ったり出社できない時でも円滑に業務を進めるためにテレワークを導入しました。
この企業のテレワークはイベントアルバイトを除いた全社員が対象となっており、実施日数は月に12回以上20回未満くらいになっています。
また、各社員にノートパソコンが配布されていますし、VPNを活用した社内ネットワークに接続できるようになっています。
それに、テレワークが円滑に行えるように独自のWebポータルを構築していますし、タイムカードシステムの導入や情報の共有を可能にして在宅勤務者と職場勤務者の距離を縮めています。
こうしたテレワークの導入効果は人材の定着化や一定の業務量の確保、交通費削減などがあり、育児休暇取得予定者は完全復帰にむけたテレワークの慣らし業務を検討しています。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション

4. 12
2018

有限会社Willさんいんのテレワーク

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

テレワークを導入したことによって様々なメリットがありますし、実際に多くの効果を感じている企業があります。
そのテレワークを導入している企業に「有限会社Willさんいん」という企業があり、人材育成やキャリアコンサルティング、デジタルコンテンツ制作やシステム開発などを行っています。
この企業のテレワークは平成28年に全社員を対象とした在宅勤務を試験実施し、平成29年2月に就業規則に規定すると同年7月には1名が在宅勤務に移行しました。
また、社員の在宅勤務規定では原則1か月と定められていますが、事情によっては離職を防ぐために延長を可能にしていますし、荒天時などの在宅勤務も可能にして状況にあったテレワークを認めています。
このようなテレワークを行ったことによって集中して作業に取り組むことができて時間を有効に活用することができ、家庭の事情によってテレワークに切り替えたWeb制作の社員は円滑に在宅勤務制度を利用しています。テレワーク導入

27. 11
2018

有限会社Willさんいんのテレワーク

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

テレワークを導入したことによって様々なメリットがありますし、実際に多くの効果を感じている企業があります。
そのテレワークを導入している企業に「有限会社Willさんいん」という企業があり、人材育成やキャリアコンサルティング、デジタルコンテンツ制作やシステム開発などを行っています。
この企業のテレワークは平成28年に全社員を対象とした在宅勤務を試験実施し、平成29年2月に就業規則に規定すると同年7月には1名が在宅勤務に移行しました。
また、社員の在宅勤務規定では原則1か月と定められていますが、事情によっては離職を防ぐために延長を可能にしていますし、荒天時などの在宅勤務も可能にして状況にあったテレワークを認めています。
このようなテレワークを行ったことによって集中して作業に取り組むことができて時間を有効に活用することができ、家庭の事情によってテレワークに切り替えたWeb制作の社員は円滑に在宅勤務制度を利用しています。

11. 11
2018

トヨタ自動車のテレワーク

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

近年、テレワークの合理性が認識され始めていますので、テレワークは徐々に拡大していって今では導入する企業が増えていっています。
そのテレワークを導入して多くのメリットを感じている企業があり、その中には自動車業界でもトップクラスの実績を持つトヨタ自動車があります。
このトヨタ自動車のテレワークは、テレワークとしてFTL制度を構築し、原則として勤務場所は自宅となっており、テレワークを始める時と終わるときには必ず上司にメールで通知したり実施業務をスケージューラーに入力します。
また、テレワークの対象となるのは裁量労働制勤務やフレックスタイム制をベースにしている社員となっており、深夜勤務の場合は月に10時間以下を目安にしていて昼休憩は同じ時間帯で取るようになります。
それと、テレワークを行う社員は週1回2時間の在社を義務付けています。
こうしたテレワークの対象にならない人は仕事と育児の両立支援に向けた柔軟な勤務時間制度を利用することができます。テレワーク導入

1. 11
2018

働き方改革をすすめよう 労働局が経営者と意見交換  三重・鈴鹿市

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

労働災害の防止や働き方改革をすすめようと21日、三重労働局が先進的な取り組みを行う企業を視察して、経営者らと意見を交わしました。来月の全国労働衛生週間にあわせて行われたもので、三重労働局の下角圭司局長が、サーキットなどを展開しワークライフバランスへの積極的な取り組みを行う鈴鹿市のモビリティランドを視察したのです。三重県内では、過去5年間に労働災害で死亡した89人のうち、交通事故が25人と最も多くなっていることから、モビリティランドが行っている年間約170社に及ぶ企業などへの交通安全教育について説明を受けたのです。そして、下角局長が実際に教習車に乗り込み、交通安全教習を体験しました。このあと、育児休暇や短時間労働の取得期間を法定基準より大幅に長くすることで、女性の復職や働きやすさを実現していることなどが説明されました。小学3年生の子どもを持つ女性社員から「短時間休暇などの制度がなければ仕事を続けるのは難しかった」と育児と仕事の両立について聞いた下角局長は、「制度の有効性を感じた」と話していました。

25. 10
2018

テレワークに関するよくある疑問

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

テレワークを始めるにあたって様々な疑問を抱くことがあるでしょう。
そのテレワークの疑問には、チームワークが悪くならないか?ということや労災保険は適用される?ということ、情報セキュリティの確保はできるか?ということや会議があるときはどうすれば良いのか?ということがあります。
チームワークが悪くなるという不安はテレワークは一人で業務を行っていますし、顔を合わせることがありませんので不安になるのも当然です。
この不安はICTの活用やテレビ会議などで解決することができ、チームワークが悪くなるようなことはないでしょうか。
テレワークの労災保険は適用されますが、私的行為が原因となることには適用されません。
セキュリティ確保の疑問は暗号化させたりハードディスクがないシンクライアント型パソコンを使用することで解決できるでしょう。
会議はテレワーク実施日でもスカイプや電話会議、Web会議などを使用することによって解決することができます。

7. 10
2018

書類作成、病棟業務…手術に集中できず疲弊 日本外科学会「技術維持と働き方改革の両立を」国に要望

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

医師の過重労働を是正しようと、厚生労働省では2017年夏から「医師の働き方改革に関する検討会」が進められています。こうしたなか、外科医の働き方改革を急務と考える日本外科学会(理事長=森正樹・大阪大教授)は8月31日、厚労省の鈴木俊彦事務次官を訪ね、外科医の労働時間を短縮するための制度創設を求める要望書を提出しました。要望書では、外科医が他の診療科の医師と比べて労働時間が長く、日本外科学会の調査によると週60時間以上働く医師の割合が70%を超えていることを紹介しました。さらに、手術以外にも、書類作成・病棟業務・外来・救急対応などの業務があり、必要な手術症例数を確保しながら働く時間を短くするには多くの課題があることを挙げました。そのうえで、諸外国では他の医療職種が書類作成など多くの業務を担い、外科医が手術に集中しつつ働く時間を短くできる環境にあると指摘しました。「(十分な能力をもつ)医療職種がすみやかに充実していくことが必要」とし、諸外国のように、外科医の技術の維持と働き方改革を両立できる制度の創設を求めました。
Rsupport Works

27. 09
2018

NTT Com、「Microsoft 365」などを活用した働き方改革対応ソリューションを提供

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は8月30日、社外からセキュアに業務ができる環境を構築する、働き方改革対応のソリューションを、2018年9月中旬から「モバイルワークスペースソリューション」のプランとして提供開始すると発表しました。ソリューションは、Office 365とWindows 10、セキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」などを組み合わせた「Microsoft 365」に、SSL-VPNに対応した業務システムへの接続サービスである「Bizモバイルコネクト」、セキュリティマネジメントサービスなどを組み合わせたものです。これにより、本格的なテレワーク環境(セキュアドPC環境)を実現します。NTT Comでは以前より、働き方改革の一環として、シンクライアントなどによるテレワークを積極的に行ってきており、2018年からはMicrosoft 365を全社で導入しますSSL-VPNの常時接続や、端末の高度なセキュリティ対策を組み合わせることにより、社外からセキュアに業務ができるソリューションの導入を開始しました。

21. 09
2018

「3K」職場の代表格、建設現場も週休2日制へ

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

「きつい、汚い、危険」という3K職場の代表格とされてきた建設現場で、働き方改革がようやく進み始めました。その目玉は、他業界ではすでに一般的な「週休2日」の導入です。国土交通省が指針を作成し、官民を挙げた取り組みが行われているのですが、工期を設定する側の自治体や民間企業など発注者の意識改革がカギとなっています。東京都文京区の東京ドーム近くにある複合施設の工事現場です。白いフェンスの外側に、「今週の作業予定」という電光掲示板が設置されていました。平日は「工事」、土日は「全休日」となっています。その下に「働き方改革実施中!」との文字が流れのです。大手ゼネコンの清水建設が受注し、昨秋着工しました。4週間のうち、日曜と隔週の土曜を休日とする「4週6休」を採用しています。祝日も休みです。同社の飯塚実・建設所長(50)は「工期の設定上、完全週休2日にはまだ足りないが、業界内では先進的な現場だ」と話しています。下請けの左官工(23)は「ほとんどの現場では休みは日曜だけで、体力的にもきついけど、ここでは仕事とプライベートの両立ができて働きやすい」と笑顔を見せていました。遠隔勤務

15. 09
2018

「在宅勤務制度の活用で業務効率が低下しない」は9割

Written by: admin - Posted in: 未分類 -

パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、8月17日、「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートを公開しました。パイプド総研は、情報資産プラットフォーム事業などを展開するパイプドビッツ内の組織で、「働き方改革研究センター」は、働き方改革におけるさまざまな命題・施策を体系化することを目的としています。今回の調査は2018年2月に、全国の就業者2万3822人(男性1万1966人、女性1万1856人)を対象に、インターネットによるアンケートを実施しました。同調査によると、在宅勤務制度を活用しても業務効率が低下しない割合は9割であることが分かったのです。在宅勤務制度の活用の有無によるフロー状態(時間を忘れるほど作業に没頭して集中した状態)の増減効果について、活用者と非活用者に分けて尋ねたところ、在宅勤務制度を活用することでフロー状態の機会が増加した割合は12.7%で、非活用者の11.5%よりも高い結果となったのです。また、フロー状態の機会が変わらない割合は77.2%で、非活用者69.8%よりも大きく上回る結果となりました。参照URL

Search this blog

Tag cloud